淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

淺岡敬史

在る模写する男

三十年前から見ていたお軸だったが、ほとんど関心が無かった。

で、あるきっかけで、そのお軸の原画に惹かれたのだ。

井上靖が、焼損した法隆寺金堂の仏画を無心で模写する男にヤラレたのである。

「形あるものは滅びる。」

と、繰り返し口にする「山も中心もない平板な男」(井上靖 談 )が、岡倉天心と同列になった話を紹介したい。

(引用 『忘れ得ぬ芸術家たち』 井上靖 新潮社)

 

三十数年前に撮影したレンブラントを模写して五十年のデルフト窯の老絵付師を思い出した。

淺岡敬史

 

↑ PAGE TOP